ビレッジハウスに住んでみたい人向け!家賃が安いからくりや評判・審査や手続きの流れについて

ビレッジハウスに住んでみたい人向け!家賃が安いからくりや評判・審査や手続きの流れについてビレッジハウスとは?

今回は、ビレッジハウスに住んでみたい人向けの記事を書こうと思います。

これを読めば、家賃が安いからくりや評判、ビレッジハウスへの問い合わせ~審査・入居までの流れについてすべてがわかります。

ビレッジハウスに実際に住んで1年半の私が解説していきますよ!

ビレッジハウスとは?

ビレッジハウスは「敷金・礼金・更新料・手数料がすべて0円」の格安賃貸マンションです。

敷金や礼金が無料ということは、引っ越しに必要な初期費用が安いということ。

家賃を3万円として初期費用を計算すると、

一般的な賃貸の場合

敷金9万円 + 礼金3万円 + 手数料3万円 + 前家賃3万円 = 初期費用18万円

ビレッジハウスの場合

敷金0円 + 礼金0円 + 手数料0円 + 前家賃3万円 = 初期費用3万円

ビレッジハウスなら一般的な賃貸より10万円以上安い初期費用で引っ越しすることが可能です。

ビレッジハウスが安いからくりは?

ビレッジハウスは家賃が2万円台~と格安な賃貸マンションです。

ビレッジハウスが安い理由は、国の事業で建てられた「雇用促進住宅」を安く買い取っているのがからくりとなっています。

雇用促進住宅は廃止・譲渡が決定していて、全国にある雇用促進住宅が格安で販売されています。

それをソフトバンクグループであるビレッジハウスが買い取り、部屋を綺麗にリノベーションして格安家賃で提供しています。

地域の相場より安い家賃設定で、フリーターやシングルマザーなどの低所得者、高齢者や外国人などを積極的に入居募集を行っています。

ビレッジハウスの評判は?

ビレッジハウスはソフトバンクのグループ会社が運営しています。管理会社としては安定した企業なので安心できますね。

ビレッジハウスの口コミや評判を、某ちゃんねるやネット検索してみると良い評価は少ない印象です。むしろ悪い評判の方が多いかもしれませんね。

  • 治安が最悪
  • 部屋が汚い、ボロい
  • 足音や話し声がうるさい
  • 住んでる人がやばい
  • 審査に落ちる

低所得者向けの賃貸マンション、いわゆる団地と呼ばれる建物で、ヤバい人たちが集まってきてるんじゃないか?というイメージがあるみたいですね。

私が実際に住んでみて感じるビレッジハウスは、治安が悪いと思ったことはありません

外国人も多いですが、家族連れも多く、土日休日には子供たちが外で遊んでいます。すれ違えば挨拶もしますし、何をもって治安が悪いと評価しているかはわかりません。

盗難や強盗などの犯罪についてはどの地域でも危険性はありますし、むしろ、人がたくさん住んでいるビレッジハウスは狙われにくいとも言われています。

侵入窃盗認知件数
一戸建住宅42.5%
共同住宅(3階以下)11.9%
共同住宅(4階以上)4.1%
以下略41.5%
住まいる防犯110番-警視庁より

ただ、外国人の中には日本語ができない人も多く、生活文化の違いは大きく出ているかもしれません。

話し声や音楽のボリューム、料理やドアの開閉などの生活音、物を動かす時間帯など「うるさい」と感じることは多々あります。

神経質な人だとクレームや騒音トラブルになる危険性があるので注意が必要になります。

ビレッジハウス申し込みや審査の手続きの流れ

ビレッジハウスへの申し込みや審査、入居するまでの流れを簡単にご紹介します。

ビレッジハウスに問い合わせ、内見予約

内見、申込書の記入

賃貸契約の審査

契約書類の提出・初期費用振込

ビレッジハウスに入居

ビレッジハウスに問い合わせ、内見予約

ビレッジハウスの家賃や空室状況について、公式サイトから問い合わせします。

メールなら24時間いつでも問い合わせできるので、「名前」「電話番号」を記入し、希望のお部屋について問い合わせてみてください。

ビレッジハウスから返事が来たら内見の予約をしてしまいましょう。

ビレッジハウスの内見・賃貸契約は先着順になります。気に入ったお部屋がある場合には速やかに内見をして賃貸契約を結びましょう。

ビレッジハウスへの問い合わせはこちらから
敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

内見、申込書の記入

内見では空室をすべて見て回ることをオススメします。

ビレッジハウスはお部屋によって家賃が違い、エアコン・湯沸し器・ウォシュレットが付いていたり、キッチンやトイレなどが新しく交換されたタイミングのお部屋もあります。

気に入ったお部屋があればその場で申込書を記入し、入居審査の申し込みを行います。

必要な持ち物は「印鑑」「身分証」「収入証明」です。内見の時に持っていくと、審査の申し込みがスムーズに行えます。

賃貸契約の審査

申込書に記入した内容と収入証明を基に審査が行われます。

審査期間は2~7日ほどで、問題がなければ短期間で完了します。

ビレッジハウスの審査は甘いと言われています。大手不動産の審査で落ちた場合でもビレッジハウスなら通ることがあるので、収入などの心配がある人は是非ビレッジハウスに問い合わせてみてください。

契約書類の提出・初期費用振込

審査に合格すると契約書類が送られてきます。内容を読んで記入し、ポストから郵送すれば契約完了となります。

あとは入居までに初期費用を支払えばOKです。敷金礼金が無料なのでかなり安いです。

私が実際に支払ったのは6770円。引っ越しの初期費用が高額で悩んでいる人はビレッジハウスがオススメですよ。

ビレッジハウスに入居

ビレッジハウスの入居日になったら管理人から鍵を受け取り、無事ビレッジハウス入居となります。

ビレッジハウスのメリット

  • 初期費用が安い
  • 家賃が安い
  • 審査が甘い
  • 保証人不要
  • 部屋がリノベーションされている
  • 全国1000物件以上あるから探すのに困らない
  • 部屋の話し声はあまり気にならない

ビレッジハウスのデメリット

  • 外国人が多いので生活文化に違いがある
  • ドアの開け閉めや物を引きずる音などがうるさい
  • 早朝、深夜でも人の出入りがある
  • 古いのでボロい、汚い
  • 湿気が多くカビが生えやすい
  • ゴキブリやクモなどの虫が多い

安い割には住みやすい!というのが私の感想です。

ビレッジハウスに住んでみたい人向けへのまとめ

ビレッジハウスに住んでみたい人向けに、家賃が安いからくりや申し込みから入居までの流れについてご紹介しました。

ネットにはいろいろな口コミや評価がありますが、この価格帯で住めるお部屋としては格安だと思います。

ただし、好き嫌いが大きく割れる賃貸マンションなので、生活音などに神経質な人は慎重に選んだ方が良いかもしれません。

逆に言えば、そのくらい平気!という人にとってはオススメ!家賃や空室状況の最新情報については、ビレッジハウス公式サイトへ問い合わせてみてくださいね。

ビレッジハウスへの問い合わせはこちらから
敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!
タイトルとURLをコピーしました