ビレッジハウスの内見から審査、入居までの流れ

ビレッジハウスの内見から審査、入居までの流れビレッジハウスとは?

ビレッジハウスは敷金礼金なし、手数料や更新料も無料で、家賃の安い低所得者向けの賃貸マンションです。

ビレッジハウスに住んでから1年以上経ちましたが、案外快適に住んでいますよ。

今回は、ビレッジハウスを検討している人に向けて、内見の予約から入居審査、入居までの流れについて解説していきます。

お得なキャンペーンについても紹介しているので、ビレッジハウスに引っ越したいな~と考えている人は是非参考にしてみてください。

ビレッジハウスは初期費用が安い

ビレッジハウス賃貸契約の流れの前に、ビレッジハウスはこんなに安いんだよ!ということを紹介しておきます。

ビレッジハウスは、敷金・礼金・更新料・手数料(仲介料)が無料です。これらが無料ということは、引っ越しに必要な初期費用を節約することが可能となります。

一般的な賃貸契約を結ぶ場合、

敷金3か月+礼金1か月+手数料0.5か月+日割り家賃+前家賃1か月=初期費用

くらい必要になりますよね。家賃を格安の3万円で計算しても16万円以上の初期費用が必要です。

ビレッジハウスは敷金礼金なし、更新料や手数料も無料なので、

敷金0円+礼金0円+手数料0円+日割り家賃+前家賃1か月=初期費用

という、日割り家賃と前家賃分だけが初期費用ということになります。

さらに!お得なキャンペーンを利用すれば、この前家賃分を無料にすることも可能なので、この賃貸契約の流れをチェックしてみてくださいね。

ビレッジハウスへ問い合わせる

ビレッジハウスのお部屋は、ビレッジハウス公式サイトから調べることができます。

間取りや家賃、空室状況について確認することができますが、最新の情報ではない可能性があります。

ビレッジハウスの賃貸契約は先着順なので、最新の情報についてはビレッジハウスへ問い合わせすることをオススメします。

ビレッジハウス公式サイトからメールで問い合わせできるから、引っ越したい地域の空室や家賃情報を問い合わせてみよう!

ビレッジハウスへの問い合わせはこちらから
敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

ビレッジハウスへ問い合わせると、家賃や空室情報、そして内見の日取りについて返信があります。

希望日時を記載して返信すれば内見の予約ができますが、ちょっと待ってください。

ビレッジハウスには「家賃キャッシュバック」と「フリーレント」というお得なキャンペーンがあります。

ですが、ビレッジハウスの物件によってはキャンペーン対象外の場合があります。メールにキャンペーン対象かどうか記載されているのでしっかりと確認することをオススメします。

ビレッジハウス賃貸契約の流れ メールで問い合わせ キャンペーン対象をチェック

家賃キャッシュバックとフリーレントとは?

家賃キャッシュバックは、ビレッジハウスの初回請求分の前家賃から最大30,000円が割引になるキャンペーンです。

フリーレントは2回目の家賃請求分が無料になるキャンペーンです。

2つのキャンペーンを利用すると2か月無料で住むことのできるお得なキャンペーンなので、必ず利用することをオススメします。

ビレッジハウスの内見と賃貸申込書の記入

メールで予約した内見日時に遅れないよう向かいましょう。ビレッジハウスの内見は管理人が案内してくれます。

内見の時に持って行った方が良い物は以下の通りです。

  • 印鑑
  • 身分証
  • 収入証明

これらを持っていけば内見当日に賃貸申込書を提出できます。後日でもいいですが、ビレッジハウスの賃貸契約は先着順なので注意してください。

内見したからといって、契約までお部屋を取り置きしてくれるわけじゃないから注意してね。

賃貸申込書には「名前などの契約者情報」「勤務先」などを記入して、収入証明と一緒に提出します。

ビレッジハウスの賃貸契約の審査

ビレッジハウスの賃貸契約について、管理人が審査するわけではありません。賃貸申込書や収入証明を写真で撮り、審査部へ送って審査開始となります。

ビレッジハウスの審査期間は2~7日ほどになります。

契約者情報や収入について問題がなければ、2,3日で審査が完了。不足書類など問題があれば審査が長引きます。

審査に問題がある場合

賃貸契約の審査について、不足書類や確認事項があると、審査部から再提出が回答を求められます。

ビレッジハウスからの電話や、問い合わせた時のメールアドレスに届くので、内容を確認して書類の提出や質問の回答を返信してください。

ビレッジハウスの審査に通るには「継続的な安定収入」が重要になるよ。

入居までに提出する書類

ビレッジハウスの審査に通ると、契約書類一式が送られてきます。書類を記入し、不備確認のためメールで送付します。

  • 賃貸契約書
  • 入居説明書
  • 身分証カラーコピー
  • 個人情報の取り扱いに関する同意書
  • 口座振替依頼書

ビレッジハウスから不備がないことの連絡が来たら、返信用封筒に書類一式をいれて郵便ポストに投函します。

入居までに初期費用を支払う

送られてきた書類一式の中に「ご契約金請求書」が入っています。

いわゆる引っ越しの初期費用の請求で、入金しないと部屋のカギを受け取ることができません。

「ご契約金請求書」に初期費用の金額が記載されているので、速やかに振り込んでください

最初にも書きましたが、ビレッジハウスは敷金礼金なし、手数料も無料なので初期費用がとても安いです。

私が実際に支払った初期費用は「6770円」。さらにキャッシュバックで家賃初回請求分が無料になっています。

ビレッジハウス入居までの流れ 初期費用が安い

さらに、フリーレントで1か月家賃が無料になり、初期費用6770円だけで2か月無料で住むことができました。

ビレッジハウス入居までの流れ 初期費用が安い フリーレントキャンペーンで1か月無料

一般賃貸の初期費用が高額になり、支払うのが難しい時はビレッジハウスがオススメです。

ビレッジハウスに引っ越しする

契約書類を提出し、初期費用を入金したら入居日にカギを受け取って引っ越しとなります。

ビレッジハウスによっては車が入れないところもあるので、引っ越し車両をどこに止めたらいいか管理人に聞いておくのがオススメです。

ビレッジハウスの賃貸契約の流れについてのまとめ

ビレッジハウスへの問い合わせから内見、審査、入居までの流れについてご紹介しました。

  1. 公式サイトから問い合わせ
  2. 内見予約
  3. 内見後に申込書作成
  4. 収入証明などの提出
  5. 審査
  6. 入居

となります。

敷金礼金なし、手数料も無料で、初期費用がとても安いのが魅力です。審査も柔軟に対応してくれるので、一般賃貸の審査に落ちた人はビレッジハウスへ問い合わせてみてくださいね。

ビレッジハウスへの問い合わせはこちらから
敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!
タイトルとURLをコピーしました